ブログを移転しました!【新しいブログはこちら】

噂話を気にする必要はない。ただそれは嫉妬しているだけなのだから。

他人の噂話を気にする必要はありませんし相手にしなくても良いでしょう。

そんな噂話をする人達は自分が変わることが出来ないから人の事を気にして勝手に嫉妬して足を引っ張ろうとしているだけなのです。

そんな人たちを相手にする必要はありません。

自分は自分の信じる道を進めば良いのです。

言いたい人には言わせておけば良いのです。

そんな他人の意見に振り回されてしまったらそれこそその人たちの思う壺です。

噂話なんてただ酒のつまみにするか、自分の生活に変化がなくてネタにしたいだけなのです。

噂話をしている人は生活に変化がないから変化のある人が羨ましいんだ

噂話をする人達は、自分の生活に何も刺激がなくて変化がないから、変化のある人や話題が絶えない人が羨ましくて足を引っ張りたいだけだ。

自分はなかなか変われないから他人のことを気にして、変化のある人を攻撃して楽しんでいる。

そしてその変化が羨ましいから足を引っ張りたいのだ。

誰もがみんな自分の仲間がいると安心する。

だから自分の仲間を増やしたくて噂話をする。噂話が好きな人は噂話が好きな人で集まる。

そうやって仲間を増やして安心しているのだ。

変化のある人を作って集団で標的を作って、意気投合して楽しんでいるのだ。

そんな人たちの相手をする必要はない。

自分の生きる道を進んでいけばいい。

その人たちは変化することの出来ない人たちなのだから、自分と生きる世界が違うのだから。

嫉妬しているから噂話をしたいのだ

噂話をする人は、変化がある人が羨ましいんだ。

自分自身は頑張っても変われないから。

変化のある人は噂話はしない。なぜなら噂話をする暇がないから。

噂話をする暇があったら行動するべきことがあるので、そんな他人のことに気を取られている暇はない。

だから変化のある人は噂話をしない。

変化のない人は、今の現状をずっとキープしているから時間も余裕もある。

だから何か話題がないと話すこともなくなってしまうから暇で仕方ないのだ。

そんな人達は放っておけばいいのだ。行動して変化をする勇気もない人達なのだから。

【関連】他人の目を気にするよりも自分自身に興味を持ち自分を大切にしよう。

自分たちの仲間から抜け出すと攻撃したくなる

噂話をしている人は、群れることが大好きだ。

群れていないと自分が不安で仕方ないのだ。

それはどうしてかというと、群れから外れてしまうと自分も噂話をされてしまって仲間外れにされてしまうと思うから。

だから群れたがるし、仲間意識を大切にする。

だから変わることが出来ない。

そんな村社会に生きていると、一歩その外に出た人を攻撃したくなる。

自分たちの仲間からいなくなったからあいつは敵だと思うのだ。

「この場所からいなくなってどうやって生きていくのかな」

「別の場所に行ったって、どうせダメになるだけ」

そんな風に攻撃して、自分たちの方がすごいと思いたがるんだ。

そうしていないと、自分たちの気持ちが落ち着かないからだ。

自分たちが良い、自分たちの方が優れていると思わないとやっていけないから人を攻撃して、人を自分たちより下に下げて気持ちを落ち着かせているのだ。

そんな人たちの言うことを気にしなくていい。

自分の進みたいと思う道を進めばいい。

【関連】他人を気にし過ぎてしまう心理とは|他人を気にしないようになる方法

変化する人は変化する人を好み、変化しない人は変化しない人を好む

どんなに噂話をしていたとしても、それは変化を好まない人たちの意見であって、変化を好む人は自分を賛成してくれるだろう。

噂話をされていると言うことは、今まで変化を好まない人と一緒にいたからであって、ずっと変化を好む人と一緒にいれば、みんなが応援してくれるだろう。

だから噂話をされていることに対して気にする必要はない。むしろ喜ぶべきだ。

だって変化を好まない人から離れられて自分は変わったと言うことなのだから。

それだけ変化し成長出来たという事なのだから。

自分は自分の道を進めばいい。

その先にはまた自分に近い仲間が待っているのだから。

【関連】人は環境によって性格は変わる。環境が変化すれば自分自身も変化する

孤独を恐れる事なかれ

噂話を恐れて、孤独を恐れて変化することに恐るな。

一度抜け出してしまえば何も気にならなくなる。

そして、どんな孤独が待っていたとしてもその先にはまた今までとは違う仲間がいるものだ。

また変化した自分と同じグループの人たちの輪が必ずある。

そこはまた自分に似たグループなので心地よいと思うだろう。

だから気にしなくてもいい。

今の世界が全てだと思わなくてもいい。

この世にはたくさんのグループがあり、必ず似たもの同士が集まるようになっている。

それが引き寄せの法則だ。

だから人のことは何も気にしなくていい。

変わり始めは孤独だと感じるかもしれないけど、その先には必ず新しい仲間がいるから。

【関連】周りにいる人は自分の鏡。自分が変われば周りにいる人も変わる

群れから飛び出す勇気を持つ

今まで今の世界、グループにいることが当たり前だと感じているかも知れないが、一歩踏み出すとそれが小さな事なんだなということに気付く。

違う世界はいっぱいあるし、今までの世界から抜け出したとしてもどうにでもなる。

そう思えば、噂話だのなんだのということなんて何も気にならなくなる。

今の世界から抜け出すことが出来ずに、悪く思われたら自分が辛い思いをするから噂話をされることが怖いのだ。

それが、それに対してどうでもいいという気持ちを持てば何も気にならなくなる。

自分とは違う世界の人たちだと思えば何も感じなくなる。

噂話が気になると言うことはそれだけ自分が今の世界に染まっていると言うことなのだ。

新しい世界に一歩踏み出してみよう。

一歩踏み出す勇気を持とう。

全然見える世界は違うかも知れない。

【関連】自分の嫌な環境、人間関係を勇気を持って断ち切る。

人に合わせて自分の好きなように行動出来ないのはとても勿体無いこと

自分の目指す世界があるなら。

自分の目標とするワールドがあるのならそこに向かって進めばいい。

仲間外れにされたり、噂話をされるのが嫌で人に合わせて生きていくのはとても勿体無いこと。

人に合わせて生きる必要はない。

自分の心地よい世界を手に入れるために行動し続けていけばいい。

そのさきに自分の心地よい世界を手に入れることが出来たのだとしたら、その仲間は大事にすればいい。

それがあなたの本当に求めた世界であり友なのだから。

その世界にたどり着くまでは、自分の思うがままに走り続けていけばいいのだ。

後ろを振り向く必要はない。

前だけ見て進んでいけばいい。

【関連】他人に合わせて生きていても自分は苦しくなるだけ。もっと自分のペースで生きていい

最後に

変化をせずにただ毎日を過ごしていれば、いまの世界に馴染んでいけば噂話の対象にされることは限りなく少ない。

しかし、噂話の対象にされたくないという気持ちだけで自分の人生を棒に降る必要はない。

周りにどんなことを言われたとしても、今の自分の位置が心地良くないのだとしたら、心地良い場所を探して行動するべきだ。

そして行動することによって、噂話の標的になるかもしれない。

しかし、その噂話はただの妬みややっかみというだけで気にしなければ何も害はない。

今は害があるかもしれないけれど、進んだ先にその人たちが来る事はないのだから。

もし来る人がいるとしたら、その人は噂話をする事はない。むしろ自分の仲間になってくれるだろう。

だから次のステージに進むのなら今の妬みややっかみを気にする必要はない。

自分の進むべき道だけを見て進んでいけばいい。

そしてその先でまた自分の同志を見つけていけばいい。

そうやって人は変化して成長していくのだから。

言いたい人には言わせておけばいい。

自分は自分の道を進むだけなのだから。

関連記事