人にイライラするのは、

それだけその人に興味があるという事。

それだけその人が自分に似ているということ。

人に対して文句を言いたくなるのは、

それだけ自分自身に嫌いな部分があるということ。

人に嫌みを言いたくなるのは、

それだけ自分の心が満たされていないということ。

何をするにも、

どんな行動も、

自分の心から始まり、

自分自身の興味から始まる。

自分に興味がある人ほど、

自分に劣等感がある人ほど人のことを悪く言う。

それが人間というもの。

全ては自分の心から始まる。

そういった自分への劣等感。

自分が出来ないことへの怒りがあるから人に当たってしまう。

その相手が悪いわけじゃない。

自分の心が悪いのだ。

自分の心を変えない限り、

その相手への文句は永遠に続くだろう。

自分への劣等感を乗り越えない限り、

他人への攻撃が終わることはないだろう。

他人に文句を言っている時間があるのなら変えてしまえ。

他人のことを悪くいう暇があるのなら早く乗り越えてしまえ。

そうすれば、

他人に攻撃することはなくなるだろう。

結局自分の心が全て作り出しているもの。

自分の心が目の前の現実を作り出している。

全ては自分の心から始まっていくのです。

関連記事はこちら

  • 新しいことに挑戦していくことで人生は充実する。
  • 感謝の心を持つと良いと言われるけれどなんで感謝の心を持つと良いのか
  • 人はシンプルな方が悩まない。悩まなければポジティブになれる。
  • 損得勘定で生きるのをやめよう【損得勘定は結果的に損をする】
  • 結果を追い求めると何事も楽しくなくなる【未来のために今を犠牲にする】
  • 愛のある行動をする
おすすめの記事
幸せに生きる方法
人生は全て自分が決めていて、自分が好きなように作っています。 自分の望んだ通りの人生になっているのです。 「そんなことはない」 「自分はこん...
夢を叶える方法・目標達成
みんな将来の夢ややってみたいことが一つや二つはあるでしょう。 その夢を現実に変える事が出来たらどんなに嬉しいことだろうかと思うでしょう。 そ...