悟りについてはこちら

やる気が出ない時にやる気を出すための方法

どうしてもやる気が出ない時はあるでしょう。

やらなければいけないと思っているのにやる気が出ない。

やりたい気持ちはあるのにどうしてもやろうと思えない。

そのように頭では分かっているけれど実際に体が動かないということはあるでしょう。

今回はそんな時にやる気を出すための方法と対処法について書いていきたいと思います。

どうしてやる気が出ないのか

やる気を出したいと思っているのにどうしてやる気が出ないのか。

やりたいと思っているのにどうしても出来ない時はあります。

やろうやろうと思っているのに出来ないというのは自分では原因もわかりませんし、どうしていいか分からないという状況になってしまうでしょう。

ではどうしてやる気が出ないのかというと、

頑張るための理由がないなら頑張ることが出来ないのです。

人は理由がないと頑張ることが出来ません。

全く理由もないのに嫌なことなんて出来ませんし、好きなことだったとしてもちょっと面倒臭いことがあったらもうやらないでしょう。

人は何かをやろうと思った時にはそのための行動があるはずです。

その行動をするエネルギーよりも大きな結果と理由がなければ行動することが出来ないのです。

【関連】人は意味や理由がないと行動しない

やる気を出すための具体的な方法

やる気が出ない時の理由としてもう一つが、

その行動の先の未来が明確にイメージ出来ていないという事もやる気が出ない原因になります。

全くイメージが出来ないまま行動していても、

「行動する意味があるのだろうか」

「このまま頑張ってどうなるのだろうか」

という風に未来が見えない状態ではやる気が出ないのです。

ですから未来をしっかりとイメージ出来ていることが大切なのです。

人は意味がないことに対してやる気を出すことは出来ません。

やる気を出すための具体的な方法について書いていきます。

目指すための方法について調べる

目標が明確になっていないと人は頑張る理由がなくなってしまい、やる気がなくなってしまいます。

そんな時には、

目指すところの情報を知ることによって目標とそこに向かうための道筋が見えてくるのでやる気を出すことが出来ます。

その目指しているところに到達している先輩がいるのならそういう人にそこまでいくための方法を聞くことはとても良いことです。

近くにそういう先輩がいなければ、

本を読んで情報収拾することでも良いでしょう。

自分が今何をしたら良いのか分からないという状況ではどうしても人はやる気が出ません。

そんな時には未来をイメージ出来るようになる為の情報と知識を知ることで自然とやる気が出てくるのです。

【関連】考えたりイメージなしには人は何も行動することは出来ない

好きなことをする

自分の好きなことをすることでやる気になります。

人は疲れていたり、やりたくないことばかりをしているとどんどん心が疲れてしまいやる気がなくなってしまいます。

そんな時には好きな事をしてまた頑張ろうというとやる気が出るようにしましょう。

その時の注意点は、

やる気が出ないからといって罪悪感を感じたり、中途半端に楽しまない事です。

楽しむ時には本気で楽しんでリフレッシュしましょう。

しっかりとリフレッシュ出来た時にはまた頑張ろうという気持ちになっているはずです。

好きなことは思いっきり楽しみましょう。

【関連】心のエネルギーを回復させるための方法

やる気を出すための理由を探す

どうしてもやる気が出ないのだとしたらそれは頑張るための理由がないから頑張れないのです。

もし毎日とても辛い事をやっていてその先に得られる結果が何もないとなると人は頑張ることもやる気もなくなってしまうでしょう。

仕事を頑張ったり、何かを頑張るというのはその先の未来が自分にとって求めているものだからこそやる気を出すことが出来るのです。

その先の未来が自分にとって最高のものだからやろうという気持ちになるのです。

ですからやる気を出すためには頑張った先にあるものが大きな理由になるものである必要がありますし、その大きなものを作る必要があるのです。

例えば、

毎日日記を書こうと思った時にすぐにやめてしまう事があるでしょう。

それはどうしてかというと、

日記を書いていても何も変化がなくてやる意味がないからやめてしまうのです。

もしその日記を続けた先に大金持ちになる未来が確実に待っているのだとしたらみんな続けていく事ができるでしょう。

日記を続けることによって得られる事を作って行けば良いのです。

日記を毎日書くことによって自己管理をすることができるでしょう。

その結果自分の目標が定まって、

自分の目指す未来に向かっていける。

自分の人生を変えることが出来るのです。

そのように自分で意味を作り出すことも出来るのです。

やる気が出ないのならやる気が出る未来を自分で作り出すことが大切なのです。

【関連】夢をノートに書くことで夢は叶う【夢ノートの作り方】

やる気が出たのならそれを続けよう

自分にとって大きな理由が作れて、やる気が出たのならそのまま続けていきましょう。

せっかくやる気が出たのならどんどん新しいことに挑戦していきましょう。

挑戦してクリアすることでまたやる気を出すことが出来ます。

そうやって何かを続けていれば自分にとって大きな成功体験になっていきます。

そのように小さな成功体験を積み重ねていくことで自分に自信がついて、やる気がどんどん出てくるものなのです。

【関連】小さな成功体験の積み重ねが大きな成功を引き寄せる

大きな結果をもたらす

大きな結果や大きな目標を達成するためには、

その小さな積み重ねの結果なのです。

いきなり大きな結果が出るわけではないのです。

その小さな積み重ねを積み上げていくことで最終的にはとても大きな結果をもたらすことになるでしょう。

【関連】日々の小さな積み重ねが大きな結果を生み出す

あとがき

やる気がどうしても出ない時というのは誰にでもあるでしょう。

そんな時には自分自身でやる気が出るような行動をしていくことが大切です。

自分が今やる気がないと思うのならやる気が出るような行動を探していきましょう。

何もしないで勝手にやる気が出るということもありますが、やはり自分で行動していったほうが早く見つかります。

本を読むでも良いですし、友達と遊んだり、成功者の話を聞いたりすることでも良いでしょう。

そして自分の好きなことをしてリフレッシュすることでも良いのです。

どんな行動でも良いので、

自分自身が明確にイメージ出来てなおかつ自分がテンションが上がる理由を作ることがやる気がない時にやる気を出すための方法なのです。

自分が頑張る理由があれば自然とやる気も湧いてきますし、エネルギーも湧いてきます。

やる気がないのならその頑張る理由を自分で作っていきましょう。

関連記事