ブログを移転しました!【新しいブログはこちら】

自分の事を欲がない人だと思ったけど欲の塊だった。

自分の事を欲のない人だと自分では思っていた。

もちろんそんなに表立って欲があるわけでもないので周りからも欲のない人だという印象だった。

しかし本当は欲の塊だということに気付いた。

欲しい物も特にない。

ブログを書くからパソコンだけあればいい。

食べ物も美味しいものを食べて贅沢がしたいという欲もない。

高級車を乗り回したいという欲もなく、車は乗れればそれで十分。

住む場所だってそんなにこだわりはない。

ブランド品が欲しいわけでもなく、

洋服だってほとんど持っていない。

出かける時に着る服なんて、

Tシャツ4枚と短パン4着。

冬用は長ズボンが3着にトレーナーとシャツを合わせても5着しか持っていない。

それくらいおしゃれに興味があるわけでもなく贅沢だってしない。

モテたいという欲もなければどこかへ出掛けたいという欲だってそんなに多い方じゃない。

だから自分は無欲だと思っていたけど、

本当は違った。

私は、本当の自由を求めている。

欲はないと思っていたけど嫌なことはたくさんある。

時間が縛られるのが嫌い。

だから仕事に勤めるのは苦痛でしかない。

人間関係も出来るだけ面倒なことは避けたい。

一人でいる時間が好きだから、そこまで人とコミュニケーションを取りたいと思わない。

とにかく自由でいたいという気持ちが強い。

縛られたくないという欲求がとても強い。

それは立派な欲だし、それはとても大きな欲でもある。

自由に生きたいという欲が強いから、別に贅沢とかオシャレとかそういったものに興味がないだけ。

みんなそれぞれ色々欲がある。

欲がない人なんかいない。

だからどこにその欲の矛先が向いているかという事だけなんだと思った。

自由でいたいし苦痛を味わいたくないから色々考えてどうやって辛い事を避けて生きていけるかを考えて生きてきた。

それだけ私は欲があるということだった。

これからもその気持ちが変わることはない。

これからも自由と苦痛のない人生を歩むために生き続けて行動していく。

それが私の生き方だから。

関連記事

欲に生きることは悪い事ではない。欲は自分を変えるエネルギーになる

感情や欲は全て行動する原動力(エネルギー)になる

欲があるから人は成長出来る【欲は自分を動かすエネルギー】

欲があるもの楽しいのも苦しいのも全て人間らしくていい。