欲があるから悩みがある

悟りを開く
スポンサーリンク

自分の中で大切なものができた。

そして自分の求めているものを手に入れることができた。

だが、それでも幸せになったとは思わない。

それはまだ、自分の求めているものが手に入ったわけではないから。

自分の求めているものの一つを手に入れたに過ぎないから。

そんなことを考えている自分に思う。

自分はなんて欲深い人間なのだろうかと。

向上心があって自分の夢を追いかけていると言えば聞こえは良いが、どんな良い言葉を並べようとも次々と欲しいものを手に入れようとしているにはなんら変わりはない。

次々と自分の欲しいものを手に入れていくことは悪いことではない。

それ相応の努力もしてるし、それだけの行動をしているから。

ただ、それ相応の努力も行動もしているからそれが正しい行動と言えるのだろうか。

別に間違っているとは思わない。

だが、そんな多くの欲を持っているのだとしたら、それではいつまで経っても楽になることはなく、多くの悩みを抱えて生きていくことになるだろう。

 

なぜなら、

欲の数だけ悩みがあるのだから。

 

それでもそうやって生きていくしかないのだから仕方ない。

 

そうやって生きていくのが自分にとって正しいと思う行動であり、そうやって生きることしか出来ないのだから。

 

幸せを求める自分にとって真逆の行動をしているのかも知れない。

 

それでも幸せを求める行動がそれなのだからそれで良いんじゃないかな。

 

幸せを求めるなら、不幸を得なければ幸せを手に入れることは出来ない。

 

なぜなら、

この世の全ては相対的に出来ているのだから。

 

不幸を感じるから幸せを感じることができる。

 

自由を求めるなら不自由があるから自由を手に入れることができる。

 

手に入れようとすればするほど、手に入れたいものは遠くなっていく。

 

それなら何を求めて生きていけば良いのだろうか。

 

求めれば求めるほど手に入らなくなるなら何を目指していけば良いのだろうか。

 

そんな葛藤や苦悩を味わったとしても、

それでも手に入れるために行動しなければ自分自身は納得出来ない。

 

それが人間というものだ。

 

まぁ手に入れようと努力し続けていれば、一度は苦悩を味わい、その欲しいものから遠ざかってしまうかもしれない。

 

それでも続けていれば、

その苦悩と苦痛を超えてしまえば、

欲しいものが手に入るだろう。

 

それだけ苦痛を味わってきたのだから。

 

そうやって行ったり来たりしながら人間は進んでいくのだ。

 

一歩一歩、死に向かっていくんだ。

 

それこそが人生そのものなんだ。