この世の中では理不尽なことで溢れています。

理不尽なことが起きるとその現実を受け入れきれずに苛立ったり投げやりになったりするけれど、そもそも理不尽なことが起きないということは全て思い通りの行動と結果になるということになってしまいます。

それでは、

「一生懸命練習すれば誰でもプロ野球選手になれる」

「すごい努力をすれば誰でもお金持ちになれる」

理不尽がない世界というのはそういうことになってしまいます。

そんなことがあるわけはありません。

世の中は理不尽なことだらけで出来ています。

誰でも思い通りにいくわけじゃないし、それよりも思い通りにいかないことの方が多いでしょう。

【関連】人生思い通りにいかないのは当然。思い通りにいく方がすごいこと

全ての物事が全て思い通りになり、全ての人が思い通りになる世界があるとしたら一瞬にして破滅するでしょう。

悪い人が思い通りになる理不尽ではない世界が出来たら、

「もう面倒臭いからこの世ごと消えてしまえばいいのに」と思った瞬間に破滅してしまうことになってしまいます。

ですから思い通りにならないくらいでちょうど良いのです。

理不尽な世界に恨んでしまいたくなることはあるけどそれがこの世界の摂理なのだからそれを受け入れるしかありません。

だってそれがこの世界なのですから。

理不尽を恨むこと自体が理不尽です。

もともとあるルールなのにそれを知らずに勝手に期待して、勝手に裏切られたと思って、それを受け入れきれないからってこの世を恨んで自暴自棄になる。

それはとても自分勝手なことです。

この世のルールに対して恨んでも仕方のないことです。

それよりも今の状況を受け入れてこれからどうしていくのかを考えましょう。

今自分に出来ることは恨むことではなくて、前に進むことが最善の策なのです。

この世の中は理不尽で当たり前です。

思い通りにならなくて当然です。

理不尽だと思っているのは自分の心です。

自分が思い通りにならないからってこの世が理不尽だと決めつけて他人のせいにしているだけなのです。

理不尽なことを受け入れてそれを理不尽だと思うのではなく、

「そういうもの」だと思ってこれからの人生を歩んでいきましょう。

それが人生というものなのですから。

関連記事

哲学的思想の関連記事
  • 科学とは一種の宗教である
  • 気分や気持ちが見ている世界を作り、自分の人生を作り上げていく
  • 葛藤や迷いなんてあって当たり前。だって人間なのだから。
  • 人生に答えはない。答えは探すものではなく作り上げていくもの
  • 心に迷いがあるということは心の中で正解を知っているということ
  • 「なるようになる」の本当の意味と使い方
おすすめの記事
人生を変える方法
よくピンチはチャンスと言われる事がありますが、いざピンチの状態になった時にそんな風に言われたとしても、 「そんなわけあるか」とツッコミを入れ...