ブログを移転しました!【新しいブログはこちら】

夢見るブロガー【ショートストーリー】

俺は今日からブロガーを目指そうと考えた。

「よし!今日からブロガーになってあんな会社辞めてやる!仕事なんてやってらないないや」

ブロガーという職業について知ったのは最近の話だ。

ネットサーフィンをしていたらあるブログを見つけて、そのブログを読んでいたらどうやらそのブログを書いている人はブログだけで生計を立てているらしい。

そこで初めてブロガーという職業があることを知った。

「そんなブログだけで稼げるならそんな最高なことはない。俺は頑張るぞ!」

そう意気込んでいた。

俺は今までブログを書いたことはないし、ツイッターやフェイスブックといったSNSと呼ばれるものも書いたことはない。

文章を書いたことがあるのはせいぜい小学校の頃に書いた作文くらいのものだ。

それしか書いたことがない俺でもブロガーくらいの文章なら書けるだろう。

そう思ったのでブロガーを目指そうと思った。

「よし!とにかくブログを始めてみよう」

と言ってもブログなんて作ったことがないからまずはそこから始めなければいけない。

「とりあえずブログと言ったらアメブロだろう」

そう思った俺はとりあえずアメブロに登録をしてブログを書き始めることにした。

「設定は簡単だったな。とりあえず1記事書いてみよう」

しかし実際にいざ書こうと思っても最初の記事はどんなことを書いたら良いか分からないのでそこでつまずく。

じゃあまずはブログの書き方について勉強した方がいいなと考えた。

「ブログ 書き方」

とネットで検索して色々な記事が表示されて一通り読んでみることにした。

気が付いたらすでに2時間が経過していた。

とりあえず一通り調べたが自分の発信したいことをある程度決めた方が良いらしい。

雑記ブログと言って自分の思ったことをなんでも書いていいブログでも良いらしいから俺に向いているのはそっちかな自分が発信したいものが特にないから雑記ブログで始めることにした。

あともう一つ気付いたことがある。

それがアメブロは商業利用禁止だからブログで稼ごうと思っても稼げないという事だ。

「危ない。意味なくブログを書くところだった。調べといてよかったわ」

それからいろいろ調べた結果、自分でブログを作っていかないとブログで稼ぐ事が出来ない事を知った。

とりあえず簡単に作れそうなはてなブログというサービスを使ってブログを始めることにした。

「よし、とりあえず始められそうだ。最初の記事はブログ始めました。というタイトルにしよう」

まぁよくありがちだがとりあえずなんでも良いから書こうと思ってブログを始めた経緯や自分の気持ちを記事に書いた。

実際に書いてみて思った事が、思ったよりもブログを書く事がしんどいという事だ。

400文字程度の記事を書いたのだが、その記事を書くまでに1時間ほどかかった。

これは大変だと思ったけどそれでも書いていれば慣れるだろうと思い、今日はブログを始められたしブログも1記事書けたし大満足だった。

「明日も頑張るぞ」

ここからブログを始めると決意したところで今日の一日目のブロガー人生を終えた。

 

ーーーーーー2日目。

今日はいつも通り仕事を終えて、家に着いた。

ブログを始めた気持ちもあり仕事の時間がいつもよりも長く感じた。

早く家に帰ってブログを書きたい気持ちがどんどん強くなり、ワクワクした気持ちが高まっていた。

「これならいくらでもブログは書けそうだ」

そんな高ぶっている気持ちを抑えて家に着く。

ご飯を食べてお風呂に入って一通りやるべき事を終わらせて、あとはブログを書くだけという状態を作った。

「よし!今日も書くぞ!昨日よりもやる気があるぞ」

そして記事を書き始めた。

今日のタイトルは、ブロガーを目指すための意気込みと目標について書いた。

せっかくブロガーを目指すのだからブロガーについてのブログを書こうと思い、毎日の経過をブログに書き続けていけば毎日ブログのネタに困ることはないだろうと思ったからだ。

今日は気合が入っていたこともあってか、1000文字程度の記事を書くのに1時間くらいでかけた。

昨日よりも倍の速度で書けていた。

しかも1000文字も書けたのは自分にとってはすごいことだ。

1000文字は原稿用紙で言うと2枚半ほどの文字数。

小学校の頃は原稿用紙を一枚書くにもかなり苦労した事を考えるとかなりの成長だった。

書き終えて達成感があったがそれ同時にかなりの疲労感があった。

集中して書けていたのだが終わって集中力が切れると疲れはどっと来た。

「さて、今日は良い記事が書けたし寝るか」

そう思って今日の記事を書き終えて寝床についた。

 

ーーーーーーー3日目。

今日はブログを始めて3日目だ。

よく三日坊主というがそんな3日で辞めるようなモチベーションではない。

俺は絶対にブログで稼ぐって決めたんだ。

そういう気持ちを胸に今日も会社へと向かう。

今日も仕事は長く感じたが、無事に仕事を終えて帰宅しようと思った時に友達からの誘いがあった。

「仕事終わった?明日は休みだしこれから飲みに行かない?」

俺はブログを書きたい気持ちもあったが、せっかく誘われたし飲みに行きたい気持ちもある。

葛藤の末、

明日休みだし良いか。また明日書けば良いわけだし。という結論に至って今日は飲みに行くことにした。

そしてしこたま飲んで家に着いたのは午前1時を回っていたのでとりあえずパジャマに着替えて寝てしまった。

 

ーーーーーーー7日目。

ブログを書こうと思って2日間はブログを書いた。

それから一日ブログを書けなくて、明日やろうと思ってからもう5日経ってしまった。

もう今さら書くのも面倒だし、そもそも誰も見てなかったしもう良いかなって思った。

モチベーションも無くなったしね。

まぁブログで稼ぐなんてそもそも無理だしね。

ブログで稼ぐなんて俺に出来るはずが無かったんだ。

ブログで稼ぐくらいならパチンコで稼ぐほうが楽だし俺はそっちの方が向いてる。

もっと楽して稼げる方法を俺は見つけてやる。

そう思いブログ人生に終止符を打った。

あとがき

ブロガーは最初はアクセスも無いし、始める時にはモチベーションが高くなっているけど日に日に下がっていくもの。

しかも続けていれば少しづつ出来るようになっていくものでもないし、目に見えて成長している成果は見られない。

だからこそ続けていくのが難しい。

実際本当にプロとしてブロガーになれる人は一握りだ。

しかし続けていけば稼げるようになるのは事実。しかしブログで難しいことは何よりも続けていくこと。

だからこそやめる人も多い。

そんなブロガーの実態を書こうと思ってこの物語を書いた。

読んでくれてありがとう。