悟りについてはこちら

他人の夢を否定してはいけない【ドリームキラーにならない】

他人の夢を否定してはいけません。

夢を持っているということ自体がとても素晴らしい事なのだからです。

「そんな夢を持っていても叶うわけない」

「才能がないのだからやめておけ」

そんなことを言ったって言う方も良い気持はしませんし言われた方だってもっと嫌な気持ちになるでしょう。

夢を目指している人が人に迷惑をかけているのなら、言えるかもしれないけれど迷惑をかけていないならその人の自由なのです。

人の夢を否定する人に限って夢を追いかけたことがない人に多いのです。

夢を追いかけて頑張っている人や夢を叶えた人は人の夢を否定したりしません。

頑張れば夢は叶うことを知っているからです。

夢を持って頑張ることが何が悪いのだろうか。

夢を持たないでただ日々をなんとなく過ごしている人の方が偉いのだろうか。

何もしないほうが良い道とでもいうのでしょうか。

夢を目指して行動すること自体は本人の自由なのです。

夢を持っているのに押さえつけられる人の気持ちはとてもつらい思いをします。

やる気があるのに行動したいのにやらないで終わる後悔は本当につらい思いになってしまうでしょう。

夢があるなら目指せば良いのです。

それがどんな年齢だろうと目指したいものがあるのなら目指せば良いのです。

それだけの覚悟があるならやってみれば良いのです。

迷惑をかけるならしっかりとお返しする気持ちで頑張れば良い。

夢は目指さなければ絶対に叶わない。

やれるだけやれば良い。

夢を目指したいという気持ちがあるという事はそれだけの力があるという事なのだから。

周りの意見を気にしても仕方ない。

周りは行動する人に対してブレーキをかける事がほとんどです。

だって周りには夢を目指した事がない人がほとんどなのだから。

そんな意見に振り回されてしまったら一生後悔する。

後悔のない選択をするべきなのです。

そして周りは他人の夢を否定してはいけない。

否定したってその人の人生の責任を取れるわけではないのだから。

その人にはその人の人生があるのだから自由にするべきなのです。

人の夢を笑ったり否定するのは良いことではないでしょう。

夢を目指している人のことを常にサポートしていたり、養っているのなら言う権利はあるでしょうが、それでも頑張っている人に向けて否定することは良い事とはいえないでしょう。

夢を目指す人は心に留めて欲しいことがあります。

必ず何かを目指そうと思ったら否定する人が出てくるのは当然です。

その夢が大きければ大きいほど言われるでしょう。

しかしその声に耳を傾けていたらいつまで経っても変わることは出来ないでしょう。

逆にいえば、

その声に負けないくらいの気持ちでやらなければ夢が叶うことはないでしょう。

否定していた人ほど夢を現実にした途端、手の平返しをするのです。

ですからそうやって否定する人を見返す気持ちで頑張れば良いのです。

強い意志を持って頑張ろう。

関連記事