ブログを移転しました!【新しいブログはこちら】

夢を追いかけるということは自分の人生を夢に捧げるということ

自分の夢を追いかけるということはとても怖いことです。

だってその夢を追いかけてそれで失敗したら自分には何もなくなる気がするからです。

自分の本当の気持ちが壊れてしまう気がするからです。

それはとてもリスクがあることだと感じているからです。

自分の本当に求めているものが叶わないと知ったらその先に何を目標にしていきていけば良いか分からなくなってしまいそうだからです。

だから他の夢を探したりしてみたりする。

自分のやりたいことはこれじゃない。他にもあるはずだと思って探してみても、そんなに簡単に見つかるわけもないし、そのものに本気になれるかというとそんなものはないでしょう。

かといって今自分が本当にやりたいことが本当にやりたいかというとそんなこともなくやらなきゃやらないでいいやという気持ちもあるでしょう。

だけどなぜか心がモヤモヤする。

やらなくてもいいはずなのに心からなかなか消えてくれない。

やりたいことってこういう気持ちなのでしょうか。

でももしこの夢が叶って、そういう生活が出来たらいいなという気持ちはある。

自分の理想だなとも思う。

まぁ現実は全然理想とは違うものなのだろうけどそれでもそんなことはやってみないとわからない。

わからないからやってみたい。

わからないからやってみたいのか?

知りたいからやってみたいのか?

確かに知っていたら知っているのだからやってみたいと思わないでしょう。

やったって結果はわかっているのだから。

今やっていることは昔やりたいと思ったからやったのだ。

だが今の自分でも今やりたいことをまたやりたいかというとそんなことはない。

だって知っているのだから。

同じ世界をまたやりたいと思う人は、まだ知りたいことがあるからまだまだやりたいと思うのです。

人は知りたいという欲がとても強いんだと思う。

今の自分にはない新しい刺激を味わいたいのです。

こんな風に思ってしまったらやるしかないのかもしれない。

だってその先の未来が知りたいのだから。

あとがき

夢を目指すということに対して全く不安がない人なんていないでしょう。

リスクもあるしそれだけたくさんの時間も労力も使うのですから。

それで叶わなかったらどうしようという気持ちになるのは当然です。

夢を追いかけるということは、今の自分にできないことをやろうとしているのだから不安がないわけがないですし、時間もかかるし労力もかかるのは当然のことです。

自分にできるかどうかわからないものに人生を捧げていくのだから不安なんてあって当然でしょう。

それでも乗り越えていかなければ夢を叶えることはできません。

そうやって壁を何枚も乗り越えた人が夢を叶えることが出来るのです。

乗り越えていくしかないのです。

不安を背負いながら希望を胸に歩んでいこう。

関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。