ブログを移転しました!【新しいブログはこちら】

自己犠牲は正しい行いではない。自分自身も助けてあげる事が大切

人を助けるために自分自身が辛い思いをするというのは人間的には素晴らしい事だけど、それでは本当の人助けとは言えません。

自分自身も人間です。

自分自身も他人も助けてこそ人助けと言えるのです。

自己犠牲は人助けではない

自己犠牲をして人助けをしているというのは、単なる自分が気持ちよくなりたいだけです。

こんな状況でも人を助けている自分が好きという風になってしまいます。

人を助けることに快感を覚えてしまったらそれは本当の人助けではありません。

自分の欲を満たしたいだけの人になってしまいます。

もちろん嬉しい気持ちになってはいけないというわけではありません。

人を助けるならその人のことを思って助けてあげてください。

自分がやりたいからやるという理由で人助けというものはするものではありません。

【関連】精神的に自立した人になる

あなたを心配する人がいる

人助けをすることはとても良いことなのですが、人のことばかりを気にして自分を疎かにしていると自分のことを心配している人がいます。

自分の中の良い人や身近な人は、そうやって人のために動いているあなたのことを心配しているのです。

自分を犠牲にしてまで、目の前の人を助ける事が出来たとしても、それでは自分とその心配してくれる人を助けていないことになってしまいます。

それでは結果的にプラスマイナスゼロです。

【関連】自分を大切にしよう。もっと自分らしく生きていい

余裕があるときに人を助ける

自分自身が苦しいときに人のことを助けていたら、自分がもっと苦しい状況になってしまいます。

それでは意味がありません。

自分に余裕がある時や自分の力が余っている時は人に分け与えることはとても良いことです。

自分が苦しい時はまず自分をしっかり助けてあげることです。

人を助けるために自分を助ける

人を助けるためには、自分に余裕がないと出来ません。

人を助けるためにも、まず自分自身を助けてあげることです。

自分を助けてあげれば余裕が出来て、しっかりと人を助ける事が出来るようになります。

余裕がある方がしっかりと最後まで人助けをしてあげられる事ができます。

ですから、他人を助けてあげるためにもまず自分自身を助けてあげてください。

【関連】愛のある行動をする

自分を助けることも人助け

他人を助けることは人助けですが、自分自身を助けることも人助けなのです。

自分自身だって一人の人間です。

自分を助けることは一人の人を救うことにもなるのです。

自分を助けてあげましょう。

自分を大切にしてあげましょう。

それも立派な人助けなのです。

あとがき

人助けはとても素晴らしいことなのですが、時と場合によってはそれが悪いことにもなりかねません。

下手に人助けをしようとすると、それが相手にとって不利益なことになることもあるのです。

相手が自分に依存してしまって、そこまで面倒見切れないから自分が離れていってしまうようでは、本当の人助けとは言えないでしょう。

自分の出来ることを出来る範囲で助けを求めている人のお手伝いをするような気持ちで人助けをする事が大切だと思います。

関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。