自由に生きるために必要なこと。自由には責任が伴う。

幸せになる方法
スポンサーリンク

やりたいことをやって生きていくには努力が必要です。

 

趣味が好きでたくさん趣味の時間を作るにはそれなりの収入が必要です。

 

やりたい仕事に就職するには努力なしに就職する事はそれだけ努力が必要になってきます。

 

何をやるにも自分の思いを現実にするには努力が必要なのです。

やりたいことをやりたいならやるべきことをしっかりやること

 

やりたいことをして生きていくならそれだけやるべきことをしっかりやっておかなければいけません。

 

趣味をして楽しむにはしっかりと仕事をして、やるべきことをやってから趣味に没頭することが必要です。

 

自由な仕事をして生きていきたいなら、それなりの収入を稼いでいなければ、好きなことを仕事にしていく事は出来ません。

 

自由になるためには、

それだけやるべきことをやっておく責任が伴ってくるのです。

 

しっかり自分のやるべき責任を果たして自由を手に入れていきましょう。

自由に生きていくならそれだけの責任を負うことが必要

 

自由に生きるためにはそれだけしっかりとした生活を送ることが大切です。

 

何もやるべきことをやっていないのに自由な生活をしているのであれば、それはただのワガママになってしまいます。

 

好きなものを買いたいと思うならそれだけお金を稼がなければいけません。

 

自由な時間を過ごすためには、それだけ自分のやるべきことをやっておかないと周りは誰も助けてくれなくなります。

 

本当の自由というのは責任を果たした上に成り立っています。

 

仕事もろくにしない旦那にご飯を出してくれる奥さんはいません。

いるとすればそのうち助けてくれなくなってしまうものです。

 

家事を全くしない奥さんに自由に使って良いお金は少ないでしょう。

 

そうやって自由と責任というのは成り立って初めて自由に行動出来るのです。

 

もちろん一人で生活しているのであれば全てが自由です。

 

ですが、

働いていなければ住む家もありませんし食べるご飯もありません。

 

子供だって同じように自分一人では生きていけないのだから、親のいうことをある程度聞く必要があります。

 

親は自分の意思で子供を産むことを決めたのだから、しっかり大人になるまで育てる責任があります。

 

そうやってこの世は成り立っているのです。

 

自由に暮らすためにはそれだけやるべきことをやる責任があるのです。

責任を果たさない自由はワガママ

 

やるべきことや自分の責任を果たして初めて本当の自由を手にすることが出来るのです。

 

責任のない自由はただのワガママです。

 

それでは本当の自由とは責任を果たした上で成り立ちます。

 

責任を果たしていないということは必ず誰かのお世話になっていることです。

 

誰かのお世話になっているのならその人の言うことを聞かなければいけないでしょう。

 

それが責任です。

 

子供であれば親の言うことを聞くのが義務ではあります。

なぜなら親がいないと生活出来ないからです。

 

大人になって自分一人で生活出来るようになっているのだとしたらそれは自由にしても良いでしょう。

 

それは責任を果たしているからです。

 

社長は仕事をしないでお金をもらっている人もいるでしょう。

 

しかし社長というのはその会社が失敗した時の責任を負うのは社長です。

 

そうやって責任を負っているから社長は自由に仕事をすることが出来るのです。

あとがき

 

自由と責任というのはセットみたいなものです。

 

本当の自由を手に入れたいと思うのであれば、それを実現するための責任ある行動をしていくことが必要なのです。

 

そうでなければ誰かに依存したり、人に助けてもらわなければ生きていけません。

 

それは本当の自由とは言えません。

 

自分の好きなことを好きなように、

自由に生きていくためには、自分のすべきことをしっかりこなして、責任を果たしてから自由な生活をしていけば誰も文句は言えないでしょう。

 

しっかり自分の責任を果たして本当の自由を手に入れましょう。